簡単な治療で治すことができる

母の友人が美容師をしているのですが、長年立ったまま仕事をしていたためか下肢静脈瘤になってしまったそうです。
下肢静脈瘤は立ちっぱなしで仕事をしている人に多い病気で、日本人の多くが下肢静脈瘤で悩んでいます。
この下肢静脈瘤は静脈の弁が正しく機能しなくなり、血液が逆流したり血液が滞ったりして起こるものだそうです。
下肢静脈瘤は4つのタイプがありますが、母の友人の美容師さんは、うっ血した静脈がクモの巣状に見えるクモの巣状静脈瘤でした。
静脈がクモの巣状に見えるものなのですが、母の友人の美容師さんの話を聞き、そんな感じのうっ血なら自分にもあるんじゃないかと思わず探してしまいました。
このクモの巣状静脈瘤は、でき始めこそチリチリと痛むそうですがその後は痛むことはなくなるそうです。
そのため治療をする方の多くが、見た目があるいという美容上の理由で治療を望まれるそうです。
治療も硬化剤という薬を注射して弾性ストッキングを履けばいいだけという手軽なものだそうです。

日帰り手術が可能な下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は4つのタイプにわけられます。
その4つとは、伏在静脈瘤、側枝静脈瘤、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤です。
大きな静脈瘤の場合、潰瘍になってしまう場合もあるそうですが、多くのケースで日帰り手術が可能だそうです。
下肢静脈瘤は全身に影響を及ぼすようなものではないので、いまでは全身の状態が悪くなければほとんどの場合日帰り手術が可能です。
以前は下肢静脈瘤というのは、大きく切開しなければならないような手術だったそうですが、医療の進歩により多くのケースで日帰り手術が可能になり患者の負担が減りました。
日帰り手術ができることですぐに体を動かすことができるので、深部静脈血栓症のような合併症も起こさずにすむそうです。
手術というと難しいものだというイメージがあったのですが、いまは手術法もより患者に負担がかからない方法が登場し、それで多くのケースで日帰り手術ができるんですね。
日帰り手術でも経過観察はしっかりしなくてはならないそうですが、それにしても日帰り手術でいいのだという安心感があります。