立仕事で出来たこぶは病院で治せますよ

教師や美容師、看護師、キャビンアテンダントなどの立仕事がメインの女性に多い職業病に下肢静脈瘤というものがあります。
難しい言葉なのでピンと来ない方もおられるかも知れませんが、脚の静脈が太く浮き出て青医部分がはっきり見えたり、瘤のようにぼこっと膨らんだ状態を指します。
ホラー映画でゾンビなどの化け物が顔に青筋たてているような状態が、足に出来ると言えば、わかりやすいかも知れませんが、本人も、それに気づいた相手もちょっと気持ち悪く見えてしまうのが難点です。
あまりに状態が進むと見た目が悪いので、ミニスカートが履けなくなりますし、よどんだ血液がたまるうっ血のため、足がだるくて重くなり、疲れやほてりなどで悩まされてしまいます。
放って置くと、血液の循環がさらに悪くなり、足のむくみがどんどんひどくなって、やがては痛みや皮膚炎、潰瘍などに発展していくので、そうなる前に治療したいですね。
レーザー治療を始め、さまざまな療法で治せるので、まずはお近くのお医者さんに相談してみてくださいね。

下肢静脈瘤の症状

結構多くの人が悩まされているのが下肢静脈瘤ではないでしょうか。
私も以前は知らなかったのですが、年配の知り合いの方などは、多くこの症状に悩まされている気がします。
下肢静脈瘤とは、足などに血管が浮き出たり、こぶのようなものが出来てしまう症状の事です。
見た目にもはっきりとわかりますし、見た目以外にも、足がむくみやすかったり、重かったりなどの症状を引き起こすものなのです。
手軽にケアできるものとして、圧力の強いストッキングなどを履く事が効果的なようですが、症状が酷い場合などは外科的な処置をすることも可能なようです。
外科的な処置にも様々な方法があるそうで、レーザー治療を行ったり、問題のある静脈を取り除いたりなど様々です。
自分にあった方法で治療するためにも、悩んでいる方は早めに医師に相談することが大切なのではないでしょうか。
足がむくんだり痛みを伴うと、歩行にも支障をきたしてしまいますので、早めに相談に行ってみてください。