原因と症状

下肢静脈瘤とは、足の静脈がこぶのように浮き出てくる病気のことです。
血液は心臓がポンプの役割をして動脈を通して足の先まで送り出し、そして足の筋肉のポンプ作用により静脈を通じてまた心臓に戻って行きます。
静脈の中には弁があって血液の逆流を防止し、重力によって足の下部に留まらないようになっているのですが、この逆流防止弁が壊れると血液は逆流し、足の下部に溜まってしまうことにより、下肢静脈瘤となってしまうのです。
下肢静脈瘤の症状としては血管が浮かび上がる以外にも、足がだるくなる、足がむくむ、こむらがえりを起こす、色素沈着や潰瘍ができるなどがあります。
下肢静脈瘤になる人は男性より女性の方が多く、特に出産後に症状が出ることが多いです。
また年齢が高くなると発症する人が増えたり、接客業などの長時間の立仕事が多い人がかかりやすいという傾向があります。
下肢静脈瘤の治療法としては弾性ストッキングなどを使った圧迫療法や、静脈抜去手術、レーザー治療など様々なものがあります。

誰にでもなる可能性がある下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は静脈の弁が壊れることによって起こるもので、誰にでも起こる可能性のあるものです。
男性であっても、女性であっても、下肢静脈瘤に同じようになります。
ずっと立ったまま仕事をすることが多い方や、ずっと座ったまま仕事をすることが多い方がなりやすいようです。
ただ下肢静脈瘤になりやすい体質というのは遺伝するそうです。
そんな下肢静脈瘤を予防するには、弾性ストッキングで圧迫することがよいと言われています。
弾性ストッキングで足を圧迫することにより、静脈が逆流したり、拡張してしまった静脈に血液が貯まることを防いでくれるそうです。
弾性ストッキングというので女性のためだけのものだと思うかもしれませんが、弾性ストッキングは男性でも愛用されている方は多いと聞きます。
下肢静脈瘤は男女を問わずなる可能性のあるものですから、その下肢静脈瘤が進行しないようにする弾性ストッキングは、男性や女性を問わず必要なものだといえそうです。